村治先生のジュニアのための上達12ケ条
ジュニアのための上達12ケ条
「第1条」
意欲ある練習が上達を生む。
ギターが上手になるには、ギターが好きであることが第1条件です。
しかし幼児や小学生の場合、自分の意志よりも両親の勧めで始めることが多
いでしょう。
そうすると好きになる前段階として、練習に身を入れられる何かが必要にな
ってきます。
例えば、指導が上手なので練習が楽しい。上手に弾くとお父さん、お母さん
にほめてもらえるのですごくうれしい。
初めできない曲が、何度も練習していくと上手に弾けるようになるので面白
い。
憧れのギタリストがいて、自分もそうなりたいので一生懸命練習す
る。・・・・・・
などなど、何らかの思いを持ちつつ意欲ある練習を続けていけば上達も早い
し、いつしかギターも好きになっているでしょう。反対に意欲のない練習を
いくら続けても、上達は望めないことも理解させねばなりません。
「第2条」
毎日練習する習慣をつける
ギターを上達するには、毎日練習することが必須条件です。
なぜ毎日練習しなくてはいけないかと言うと、人間の脳は覚えたことを少し
経つと忘れてしまう特徴を持っているからなのです。
ですから練習したりしなかったりでは、
覚える・忘れる
の繰り返しで、覚え
たことがたまっていかないのです。
ところが人間の脳は、もう一つのすばらしい能力を持っているのです。それ
は、覚えたことを忘れる前に思い出すことを繰り返していると、いつの間に
か忘れないようになるのです。ジュニアの皆さんは自転車乗りの練習をした
時のことを思い出して下さい。
練習したりしなかったりではいつまでたっても乗れるようにはなりませんが、
毎日一生懸命練習を繰り返していると、ついには乗れるコツがつかめますね。
そうなると今度は何年自転車に乗らなくてもいつでも乗れるようになってし
まいます。
皆さんが日本語を無意識に話せるのも、毎日繰り返しているから
なのです。
でも英語の勉強のように学校で飛び飛びに勉強するだけでは話せるようには
ならないのです。
さあ!今日からギターの練習を毎日の日課にして、どんどん上達しましょう。
「第3条」
「第3条」
上達する練習、しない練習
毎日練習することの大切さは前回話しましたが、毎日練習しても、上達す
る練習と、上達しない練習があるので気をつけなければいけません。
ではどこにその差があるのかと言うと、その日の練習で良くなったところが
ないまま終わる練習は上達しなかった練習です。
自分の持っている実力を維持するだけに終わってしまった練習
なのです。反
対に、昨日できなかったところができるようになったり、新しい曲が弾ける
ようになったりと、良くなったところが実感できる練習は、上達した練習と
言えるのです。
1日に1段でも確実になれば、それは進歩です。1週間たてば7段も仕上
がることになり、初級の曲なら1曲分に相当します。
同じ曲をたとえ10回弾いたとしても、適当に弾いたのでは1回目も10回
目も代わり映えせず、それでは上達する練習になりません。
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と良くなるように真剣に練習を進
めれば、明らかに1回目よりも10回目の
方が正確さが増したり、滑らかな
演奏になったりします。
さあ!早く遊びたいからといって、上の空で10
回弾いても上達しませんよ。練習に集中して1回1回真剣に練習すれば、メ
キメキ上達していきます。
「第4条」
「第4条」
やさしい曲とむずかしい曲とでは練習法が違う
曲にはやさしい曲とむずかしい曲があります。やさしい曲は普通に弾いて
いれば、自然に仕上がりますが、むずかしい曲はなかなか仕上がってくれま
せん。むずかしい曲をやさしい曲と同じように練習していたのでは、いつま
でたっても仕上がらないのです。
ではむずかしい曲を仕上げ
るにはどうしたら良いかと言いますと、むずかし
い曲用の特別練習が必要なのです。むずかしい曲と言っても、初めから終わ
りまでむずかしいわけではありません。ある一部分が特別むずかしいために、
その曲が完成しないのです。
ですからそのむずかしい部分を取り出して、出来るまで反復練習を繰り返す
のが、むずかしい曲用の特別練習なのです。
これは大好きなテレビゲームを例にとれば分かりやすいでしょう。テレビゲ
ームも簡単な場面はすぐにクリアできますが、むずかしい場所は何度も何度
も失敗を繰り返しながら次第にクリアする確率をを高めていき
ます。そして
ついには余裕をもってクリアするまでに技術が高まり、次のステージに進め
るわけです。ギターの難所もその要領で練習すれば良いのです。ただしテレ
ビゲームの場合は難関をクリアしなければ次のステージに進めないので、夢
中で反復しメキメキ上達してしまうのですが、ギターの場合は難所をクリア
できなくても次のフレーズに進めるので、ついそのままになってしまい、力
をつけないまま先へ進んでしまうことになりがちなのです。それでは真の上
達は望めません。
むずかしい曲こそ上達のチャンスと思い、テレビゲーム同様に反復練習を繰
り返し
、しっかりクリアしてから次の曲に進みましょう。
「第5条」
「第5条」
1週間の単位を有効に使おう
私たちの生活は1週間の単位で回っています。学校もそうだし、会社もそう
なっています。ギターのレッスンも普通は1週間に1回でしょう。
ですからこの1週間の単位をとても大切に扱いたいのです。
1週間に1つの成果が得られれば1ヶ月で4つの成果、1年で48もの成果
につながるのです。さらに頑張って1週間に2つ、3つと成果をあげられれ
ば、1年間の成果は2倍3倍に膨れ上がるのです。
反対に1週間に1つも成果をあげられない練習を繰り
返したらどうなるでし
ょう。1ヶ月たっても、1年たっても上達は望めないのです。
1週間で良い成果をあげるには、当然1日1日を充実させ、7日間の積み重
ねが1週間の成果になるわけです。1日に1ヶ所でも良くなった所を出して
いかないと、1週間の成果に結び付かないことになります。くどいようです
が、1日に1ヶ所も良くできない練習では1週間たっても成果は上がらず、
先にあげた悪い方の例に結び付いてしまいます。
ですから1週間の目標をしっかり立て、その目標を達成するための1日のノ
ルマを確実に仕上げていき、1週間単位で着実に上達
する方法をとれば、必
ず1年ごとに目を見張る上達が可能になります。
「第6条」
「第6条」
レッスンは休まない
前回に述べた1週間の区切りをしっかりつけるためにも、レッスンの受講
は大きな役割を持っています。レッスンは絶対に休まないと言う考え方と、
練習があまりできなかったり、はかどらなかった時にはレッスンを休むと言
う考え方では、上達に雲泥の差が生じてしまいます。前者の場合には、何か
の都合で練習時間がとれなかった時には、新たに練習時間を生み出す工夫を
するでしょう。5分、10分のわずかな時間も無駄にせず、いつもより少し
け遅寝、早起きを実行し、食事時間やお風呂に入る時間を切り詰めれば、
けっこう時間は作れるものです。また、課題がむずかしいときには、やさし
い課題の時よりも集中力を増したり、練習時間を多くとったり、1週間で何
が何でも仕上げて見せるぞと言う強い気持ちが湧き出るものです。
反対に後者の場合ですと、せっかく30分練習できる時間がとれても、今週
は休むことにしたからいいやとか、むずかしい課題の時には来週までに仕上
がればいいやなどと、どうしても消極的な考え方になってしまいます。これ
では目覚ましい上達は望めません。もちろん、練
習をさぼってもレッスンは
休まないと言うのは別次元の話です。
「第7条」
82
頁「第7条」
同じ注意は2度されない
86
頁「第8条」一生懸命だけではダメ!
90頁「第9条」朝練のすすめ
94頁「第10条」メトロノームを活用しよう
98頁「第11条」基礎練習は主食のゴハン
102頁「第12条」楽譜をすみずみまで読もう
クラシックギター
おすすめの記事