平成天皇陛下も聴いたセゴビアの演奏会

今の天皇陛下がクラシックギターをお好きだったことは有名です、

宮中に御指導に行かれた講師の先生もいました、

セゴビアが66歳の来日の時演奏会に天皇陛下も訪れ、

演奏をお聴きになりました。

会場を埋め尽くした聴衆は皆、

セゴビアの神業のようなギターに酔いしれたそうです。

陛下はアンコールにアルハンブラの想い出を希望したようです

セゴビアは快く応じ陛下の希望に応えたそうです

私は残念ながら生のセゴビアの演奏は聴いたことがありません、

大沢先生のお話を受かがって想像していました、多くのLP盤を聴き、まさに酔いしれました、

バッハのシャコンヌを初めて聴いた時興奮して

同僚の仲間たちにカセットテープで聴かせた覚えがあります、

今ではたくさんの動画が見られるようになって昔のセゴビアをリアルに感じる事ができるようになりました、

ギターの魅力は、なんと言っても音色です、

誰にも出せない自分だけの音色を探し求めて毎日練習することが大事です

セゴビアもそうだった様に60歳代は一番油の乗った時と言われています、

そう考える、とどんどん歳を取るのも楽しみになってきます、

下手でも70歳にはどんな音色が出せるようになるのか自分でも楽しみです。



クラシックギター
おすすめの記事