音楽にも人生にもチャレンジ

66歳というとセゴビアの2回目の来日で盛況だったようです、66歳は私にとって最悪の脳梗塞に見舞われた歳でした暮のクリスマスも近かった頃でした、あれから奇跡的に完治して、再発は免れていますが、さすがに病気以前の仕事には戻れませんでした、精神的にも弱気になることがあります、確かにもう70歳という歳を考えれば無理は禁物なのかも知れません、おまけに脳梗塞の爆弾持ちです、若いときはアートは死ぬまで出来ると信じていました、確かに今でもそれは変わりませんが、ペース配分を考えるこの頃です、仕事も死ぬまで出来ることをやりたいと思っています、自分の好きなジャンルのしごとで、新しい事にチャレンジすることが私の生きがいです、新しい事はそう簡単に成功しませんが、やりがいがあって歳をとってもワクワクします、若い人は公務員官僚や大企業の社員ばかり目指さないで起業家としての生き方も選択してほしいものです、やりたいことができれば幸せですし成功もできます、facebookのCEOマーク・ザッカーバーグなどは寝る間も惜しんでパソコンを抱えながら仕事していたそうです、仕事が好きだったんだと思います、今の彼が幸せかどうかはわかりませんが、一つの自分の目標を達成したことは間違いありません、66歳のセゴビアを見習ってまだまだ音楽にも人生にもチャレンジしたいと自分に鼓舞する毎日です。

クラシックギター
おすすめの記事